キンドル関連の情報 キンドル(kindle)で一歩進んだ大人の読書術

アクセサリの購入方法

キンドルを購入する際に、合わせて購入したい商品に、
キンドルの関連アクセサリです。

モバイル関連の商品に対して、
アクセサリーを購入するという行為は、
一昔前までは一般的ではありませんでした。

ただ、モバイル製品の性能が
アップしてきたという背景もありますし、

手に取れるくらいの大きさだけど、
価格はそれなりにするので、
どうしても保護したいという気持ちも出てきます。

あと、モバイル製品に対して、
アクセサリを購入するという行為は、

アップル社の製品に関しては、
一般的な認知度がありました。

キンドルが登場する前に、iPod、iPhone、iPadといった
アップル社のモバイル製品が
ブームになっていましたので、

その流れに合わせて、キンドルもアクセサリを
購入した方が良い流れになっています。


キンドルのアクセサリを購入したいのであれば、
amazon.comで購入するのが一番良いです。


日本国内でもキンドルを販売している所はありませんので、
現状ではアクセサリも
本体もamazon.comでの購入になります。


キンドルのアクセサリ

キンドルのアクセサリの特徴としては、
ライト付きのカバーが
販売されているという特徴があります。

キンドルのモニターは、e-inkを採用しているので、
発行するモニターとは異なり、

明かりがないと文字を認識する事が
できない仕組みになっています。

amazon.comでのアクセサリの購入となると、
配送料も、かなりかかるので、

できればキンドル本体を購入するのと同時に
購入した方が、お得に買い物ができますよ。

キンドルのユーザ数

キンドルが気になるけど、
購入に悩んでいるという方は、

もう少し全体的な視点で商品を
チェックしてみるのもよいかもしれません。

キンドルを含む電子書籍の
サービスというのは、

サービスがスタートした状態であり、
まだまだ発展途上中の状況です。

こういった状況の中だと、
どの商品が良いのかを判断するのが難しいです。

新しいサービスというのは、
どれだけ利用者がいるかで、
サービスの質が決まってきます。


利用者が多くなれば、販売される書籍の
ラインナップも充実してきますし、
価格も安くなる可能性もあります。

では、今のキンドルの利用状況は、
どういった状況なのでしょうか。

キンドルの販売台数については、
販売元のアマゾン社が公表していないので、
はっきりとした数字は分かっていません。


電子書籍に詳しいジャーナリストの話しだと、

キンドルの電子書籍端末のシェアは、
60パーセントという情報があります。


キンドルのシェア

業界の半数以上を占めている状態なので、
キンドルの将来性は高いと言えるかもしれません。

また面白い情報として、電子書籍の端末ではなく、

デジタルの書籍の販売部数に関しては、
キンドルからの購入が90パーセントを
占めているという統計があります。


キンドル所有者は購入意欲が高いとも言えますし、
キンドルで販売されている
デジタル書籍は安いという理由があります。

電子書籍サービスは始まったばかりなので、
各サービスの料金体系はバラバラです。

アマゾンは赤字覚悟で販売している
という話しもありますので、

キンドルでお買い得なデジタル書籍を
買い占めるというのも良いかもしれません。

キンドルの日本語対応の状況

キンドルを購入する際に気になってしまう事に、
日本語対応の状況が気になります。


アマゾンのアメリカのサイトでしか
キンドルは購入出来ませんので、

そもそも日本へのサポートが、
どのくらいしっかりしているかも
疑問になってしまいます。

キンドルの製品のバージョンは、
今回で三世代目になります。

三世代目になった事で、
日本語対応になった事が、
日本でも話題になりました。


ただ、注意しなければいけないのが、
どういった形で、
日本語対応したかという事です。

簡単に説明すると
今回の日本語対応(第三世代のキンドル)
というのは、日本語表示に対応したという事です。


例えば、
キンドルストアで書籍を検索する際に、

文字入力をしますが、
日本語での入力を行う事が出来ません。

日本語で作成された電子書籍データが
観覧できるようになったという感じです。

そもそもキンドルに関しては、
日本語の書籍が、ほぼ揃っていない状況ですので、

2010年10月の段階では、
英語の書籍を購入する方には、
魅力的な商品と言えるかもしれません。

キンドルの日本語対応

ただし、キンドルは英語の書籍を購入しない方にも
魅力的な商品でもあります。

日本語に対応したという事で、
日本語のビジネス書類などを
チェックする事ができます。

また、他社の電子書籍端末と比べて、
価格が安いという魅力もあります。


キンドルはe-ink(イーインク)を
ディスプレイに採用しているので、

明るい場所での利用にも
適しているという特徴もあります。


もちろん、もう少し日本語環境が
整ってから購入する選択肢もありますが、

我慢出来ない方は、
購入しても十分に楽しめるサービスになっていますよ。

新型キンドルの購入方法【図解入り】

新型キンドルの購入方法【図解入り】

Amazon Kindle Store

キンドル オススメベスト3

Kindle 3G + Wi-Fi
初代モデルから半額以下の、189ドルと購入しやすくなりました。
重さは247gと超軽量級。保存可能な本は約3500冊に倍増!1ヶ月継続するバッテリーを搭載しています。
モニターは6インチです。白とダークグレーの2色から選べます。
Kindle DX 9.7インチ
9.7インチの大型ディスプレイを装備。
電子書籍をいつでもどこでもダウンロード可能です。
無料の3G機能を搭載しています。
色はダークグレー1色です。
Kindle Wi-Fi
キンドルシリーズで最も安価なタイプですが、機能的には他と見劣りしません。
Wi-Fiを搭載しており、電子書籍をいつでもどこでもダウンロード可能です。色はダークグレー1色です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。