電子書籍について キンドル(kindle)で一歩進んだ大人の読書術

ビジネスと電子書籍

電子書籍を考える上で、
ポイントになるのがビジネスシーンと電子書籍の関係性です。

Kindleの最新版が登場した時に、
PDFファイル形式の観覧に対応した事が話題になりました。


PDFファイルとはビジネスでパソコンを利用する方なら
聞いたことがあるファイル形式かもしれません。

PDFファイルは、書類データのファイル形式
として有名なファイル形式です。

このファイル形式に対応したことによって、
電子書籍以外でも、
仕事で利用できると考えたユーザは多いかもしれません。

電子書籍と一言で言っても、
書店で販売されている雑誌や本だけでなく、
仕事で利用する書類やパンフレットも対象になってきます。

オフィスでも、経費を削減する為に、
裏紙を利用してコピーする職場が
増えてきているのではないでしょうか。

書類をデータとして扱い、会議などでも、
電子書籍のリーダーを利用すれば、

紙にコピーする必要性もなくなりますし、
大幅な時間とコストを削減できる可能性があります。


デジタル製品にとって、
企業が興味を持ってくれることだったり、

ビジネスシーンで利用してもらえることは、
大きなアドバンテージになります。

かつて、パソコンのOSでウィンドウズと
アップルが競争していた時に、

ビジネスシーンに認められたウィンドウズが、
圧倒的なシェアを獲得しました。


電子書籍のサービスを検討する時に、
アマゾン、アップル、nookなどの製品が、

どれだけビジネスシーンも
考慮しているかも注目のポイントになってきますよ。

電子書籍の未来は?

電子書籍という新しいサービスが普及しようとしています。

はたして、今のブームというのは、
本当の一般的なサービスとして定着していくのでしょうか。


電子書籍のサービスというのは、
今回のブーム以前にも盛り上がりをみせた事がありましたが、

結局、サービスは普及せずに
終了していったという歴史があります。

なので、今回も盛り上がらないのでは
という見解もありますが、

個人的には今回のブームというのは、
本格的な電子書籍サービスの幕開けを感じています。

電子書籍の技術というのは、
本を楽しむスタイルに変化を与える事もあるかもしれませんが、

ビジネスシーンの中での書類の扱い方や、
教育機関での教科書の扱い方というのも
変化を与える可能性があります。


どちらにしても情報がデータ化されていく
流れを止めることはできませんので、


長期的に考えた場合、
電子書籍は一般的なサービスになっていきます。

また、電子書籍の登場によって書店や印刷会社は、
どのようになるかが今後の注目ポイントになってきます。

紙ベースの書籍が無くなるという事はないかもしれません。

しかし、徐々に書店の数が少なくなったり、
印刷会社の売上が減少していく可能性が高いです。

それは、音楽業界を見ていると分かるとおりで、
大型レコードショップの閉店や、CDの売上枚数の減少をみると、
避けて通れない部分かもしれません。

現在は過渡期の状態なので、
既存の書籍や書店のサービスも楽しみつつ、

新しい技術のダイナミックさも
感じてみては如何でしょうか。

電子書籍に関連した書籍

あまりデジタル製品に関して知識がない方でも、
電子書籍という言葉を
聞いた事があるかもしれません。

それくらい電子書籍は身近なサービスに
なってきましたし、関心も高まってきました。

電子書籍についての情報を得たいと思ったら、
色々な方法があります。

その中で手軽に情報を得る事ができる方法の一つに、
雑誌や専門の書籍でチェックする方法です。


デジタル関連の製品を紹介している雑誌だと
電子書籍についての特集を定期的に行っています。

専門的な知識がなくても簡単に
iPadやKindleの性能の比較をチェックする事ができます。

雑誌以外だと、電子書籍に関しての書籍で
チェックする方法があります。

私の場合だと、佐々木俊尚さん著作の「電子書籍の衝撃」
という書籍を購入して
電子書籍についての情報をチェックしました。


佐々木さんは毎日新聞社、アスキーを経て、
フリーで活動するジャーナリストです。

電子書籍などのデジタル製品の基本的な知識も、
もちろん詳しいですが、新しいサービスの登場によって、
変化する社会の動向も解説してくれます。


電子書籍に関連する書籍は多数販売されています。

こういった専門分野の書籍には、
電子書籍によって社会がどのように
変化するかという所まで知る事ができます。

電子書籍を、ただ楽しむだけでなく、
もっと広い視点でサービスを知りたいという方は、
こういった専門書をチェックしてみては如何でしょうか。

電子書籍を調べれば、
違った視点で世界が楽しめますよ。

電子書籍の情報を得るには?

電子書籍に関しての興味がある方は、
まずは電子書籍のサービスを利用できる製品を
触ってみるのが良いかもしれません。

日本で電子書籍の端末を簡単に触る方法としては、
アップル社のiPadなら簡単に触る事ができます。

大型の家電量販店だったり、
日本全国にあるアップルストアでデモ機を触る事ができます。


アマゾンのKindleについては、
実際に触るのは、まだ簡単ではありません。

インターネットのデジタル製品に
関するニュースサイトであれば、

iPadの使用感や、Kindleの使用感を
チェックできる記事が掲載されています。

また、動画投稿サイトなどで、
Kindleが動作している動画をチェックする事もできます。


Kindleは白黒のモニターですが、動画をチェックすると、
とっても読みやすいモニターに
なっていることを知る事ができますよ。

また、個人のブログで電子書籍サービスの
使用感を発信している所もあります。


こういった情報というのは、個人的な見解ではありますが、
体験談が掲載されていますので、
有益な情報を提供してくれます。

例えば、Kindleは外でも日光が
反射しないので見やすいのですが、

iPadは表面に光沢があるので、日陰でないと見えない
という問題点などを知る事ができます。

電子書籍は、ブームになる予感の高いサービスですので、
いろいろな所から情報を得る事ができますので、
まずはネットで検索して情報を探してみては如何でしょうか。

あまりデジタル製品の事は、分からないという方は、
デジタル製品が好きな人に質問してみると良いですよ。

私もそうですが、そういった質問をされると、
適切に回答したいという衝動が起こるので、
真剣に回答してくれますよ。

データで持つ事の抵抗感

電子書籍のサービスが
本格的にスタートしようとしています。

ここまで話題になって、電子書籍に関しての
製品が手頃に入手できる状況になると、

サービスが普及していく
可能性を高く感じる事ができます。

電子書籍が普及していく要因には、
色々な要因が必要になってきます。

電子書籍に関する製品の使いやすさだったり、
製品自体を安く購入できないと
利用しようという気持ちにもなりません。

ただ、普及する為に必要な要因に、
利用者が電子書籍になれる事が
できるかという問題があります。


実は、ここの部分というのは重要な部分になってきます。

データというのは、存在しないものなので、
どうしても紙ベースの書籍に対しての愛着が残ってしまいます。


紙というのは、とても扱いやすいものであり、
紙以上の使いやすさを実現させるには、
テクノロジーがもっと進歩する必要があります。

紙の使いやすさを理由に電子書籍は普及しないのでは、
という専門家の見解もあります。

またデータで扱うことというのは、使いやすさ以外にも、
所有の欲望を満たすことができるのかという問題点があります。

これは音楽CDがデータで販売された時
の問題点と似ている所です。

やはり、実際に手に取ることができる商品と比較すると、
データとして購入するというのは、
何か味気ない雰囲気があるのかもしれません。

実際、アメリカの電子書籍の利用者は、
データで購入して、同じタイトルの
書籍を購入するという傾向があるそうです。

新型キンドルの購入方法【図解入り】

新型キンドルの購入方法【図解入り】

Amazon Kindle Store

キンドル オススメベスト3

Kindle 3G + Wi-Fi
初代モデルから半額以下の、189ドルと購入しやすくなりました。
重さは247gと超軽量級。保存可能な本は約3500冊に倍増!1ヶ月継続するバッテリーを搭載しています。
モニターは6インチです。白とダークグレーの2色から選べます。
Kindle DX 9.7インチ
9.7インチの大型ディスプレイを装備。
電子書籍をいつでもどこでもダウンロード可能です。
無料の3G機能を搭載しています。
色はダークグレー1色です。
Kindle Wi-Fi
キンドルシリーズで最も安価なタイプですが、機能的には他と見劣りしません。
Wi-Fiを搭載しており、電子書籍をいつでもどこでもダウンロード可能です。色はダークグレー1色です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。