キンドル(kindle)で一歩進んだ大人の読書術

ファイルの規格とコピーガードは?

電子書籍に関して、少し技術的な話になるのですが、
電子書籍のサービスを利用する際に

気をつけないといけない事に、
ファイル形式に関しての理解が必要になってきます。

特に、現状では電子書籍に関しての
サービスが始まったばかりの状況ですので、

各企業は独自のファイル形式で
電子書籍を販売している事が多いです。


例えば、iPadで購入した電子書籍をKindleで
利用しようとしてもファイル形式に対応していないので、
観覧する事ができません。

また電子書籍にはDRMが埋め込まれており、
DRMの設定によっては、
パソコンで観覧できない電子書籍もあります。

DRMというのは、著作権を保護する為に、
自由にコピーしたり、
他のパソコンに転送できないようにする技術です。


データに関わるサービスで問題視されていることに、
簡単にコピーができてしまう事があります。

音楽のデータでの販売サービスがスタートする際に、
この点については大きな議論がされました。

電子書籍については、iPadやKindleといった形で、
専用の端末を利用しますので、
物理的にコピーを制限しています。


ただ、ファイル形式が独自のものだと、
パソコンに転送して楽しむという可能性もあります。

ファイル形式の話だと、端末がPDFファイル形式に
対応しているかもポイントになってきます。

ビジネスで書類のデータを扱うことがある方には、
PDFファイル形式というのは馴染みのある形式です。

ちなみに、最新のKindleはPDFにも
対応したということで話題になりました。

電子書籍と政府の方針

電子書籍に関する話題というのは、
サービスの内容だったり、

端末の使いやすさをチェックする
楽しみというのがあります。

ただ、個人的には電子書籍に関わる企業や団体、
政府の方針、海外の動向など、

全体的にチェックすると、
より電子書籍のサービスを楽しむことができます。

私には、こういった業界の動向というのは、
ダイナミックな動きに見えますので、
ちょっとしたドラマや映画よりも面白いです。

電子書籍のサービスを活性化させる
ポイントになってくるのが政府が、

どの程度までサービスに介入してくるか
というポイントがあります。

韓国では、政府が書籍をデータ化する事を
支援する方針を打ち出しており、
業界の進展をバックアップしています。

日本では、電子書籍のフォーマット規格
を統一しようという話が進んでいます。


電子書籍のサービスはスタートしたばかりであり、
各企業の足並みが揃っていない状態です。

規格が乱立していると、
使う側も不便になりますので、

規格を統一することで
市場の活性化を進める事ができます。

また電子書籍のサービスには
無線のインターネット環境の充実も必要になってきます。

iPadもKindleも無線のインターネット環境が整っていけば、
より充実したサービスを体験する事ができます。


政府では、有線のインターネット環境を
促進してきた経緯があり、

今後は無線のインターネット環境の促進を
していこうという流れになっています。


政府の方針というのは、業界の流れを決めていく事
もありますので、

電子書籍の業界がどのように進んでいくか
気になる方は、要チェックな動向です。

日本のガラパゴス化って何?

デジタルサービスに関しては、
どうしても日本の企業は遅れがちに
なってしまっているという傾向があります。

そもそも、インターネット自体が、
アメリカで生まれたものですし、

ブログやSNS(ソーシャルネットワークサービス)、
Twitterというサービスもアメリカが牽引しています。

インターネットやデータサービスというのは、
スピード感が大切になってきますので、

日本の企業は柔軟に
対応できていない傾向は否めません。

如実に、その傾向を露呈したのが、
音楽のデータサービスへの移行でした。

それまでは、モバイルの音楽サービスは
ソニーが牽引していましたが、
あっさりとアップル社に渡してしまいました。


また、日本は独自のファイル規格などを
採用する傾向があり、

世界のサービスと互換性がないという
問題がよく出てきます。


そのことを「ガラパゴス化」と呼ぶのですが、
日本独自のサービスも魅力的ですが、
より便利なサービスになることを望みます。

一昔前であれば、海外がどういう動向であっても、
日本独自のサービスを続ける事が可能でした。

しかし、現状ではインターネットを使って、
世界中の最新の動向をチェックすることができます。

そういった状況では、
日本だけが間違った選択をしていることが、
すぐに分かってしまう状況になっています。

特に携帯電話の通信規格なども、
日本独自の展開をしていたので、

日本企業がグローバルに展開できない
というデメリットがあり、


産業の発展という意味でも、
オリジナリティを追求するのは
リクスの高いことになります。

アメリカの電子書籍の事情

電子書籍サービスは、日本よりもアメリカの方が、
一般的なサービスとして愛用されています。

現状の情勢としては、
アマゾンのKindle、アップルのiPad、
そして、Barns and Noble(バーンズ アンド ノーブル)が
販売しているnookという端末が一般的です。

nookに関しては、日本では発売予定のない商品であり、
会社自体も日本では知名度の低い会社です。

しかし、販売している書籍のタイトルでは
アマゾンを上回っており、
全土に販売店舗を持っている強みがあります。


アップルについては、
アメリカでのiPadの人気も高いです。

ただ、この人気というのは、
アメリカ人にはiPhoneが小さすぎたという見解もあり、

iPadでネットサーフィンを楽しみ、
電子書籍も楽しむという考え方ができます。


逆に、日本の状況を考えると、
iPhoneくらいの大きさが丁度よくて、
iPadは日本人には大きすぎるかもしれません。

私も電車の中でiPadを使っている人を
見た事がありますが、
やはり大きいかなという印象を持ちましたね。

この辺は文化や生活環境が異なりますので、
アメリカの状況が、そのまま日本に

反映されるということは、
必ずしもそうではないかもしれません。

しかし、デジタル系のサービスというのは
音楽サービスも含めて、
アメリカからやってきたという歴史があります。

mixiだって、アメリカのSNSブームに、
いち早く着目し、成功したサービスの一つですので、

電子書籍の最新動向を知るには、
アメリカの動向には目が離せない状況になっています。

携帯電話の電子書籍サービス

iPadやKindleによって、
電子書籍のサービスが話題になっていますが、

日本の企業だって、いろいろなサービスの
試みが考えられています。

ただ、音楽のデータサービスの時にも、
同じような現象だったのですが、

電子書籍に関しても、
少し遅れてしまっている状態ではあります。

iPadやKindleが登場するまでは、
電子書籍という言葉が表舞台には

出てきませんでしたが、実は日本でも
電子書籍サービスというのは活発に行われています。

特に、携帯電話のサービスでマンガが
楽しめるサービスがあり、
何億円規模のサービスとして利用されています。


また、携帯小説というのが巷でも話題になりましたが、
データで小説を楽しむというのは、
既に一般的な事にもなっています。

実際の書店に並んでいる本に関しては、
ドコモ、auなども出版社や印刷会社と提携して、
2011年頃には活発になってきそうです。


日本はアメリカと比較すると、
電子書籍のサービスが遅れているという
雰囲気がありますが、

携帯電話の電子マンガサービスの普及をしれば、
そこまで遅れている感じでもありません。

携帯電話のサービスというのは、
テレビやラジオなどのマスメディアとも

違った動きをしていますので、
どうしても見えづらい雰囲気があります。

しかし、既にマンガを電子書籍で
楽しむという土壌がありますので、

いったんサービスがスタートすれば、
一気に普及しそうな感じはありますね。


電子書籍のサービスに興味がある方は、
まずは携帯電話の電子書籍サービスを
チェックしてみるのも面白いかもしれませんよ。

新型キンドルの購入方法【図解入り】

新型キンドルの購入方法【図解入り】

Amazon Kindle Store

キンドル オススメベスト3

Kindle 3G + Wi-Fi
初代モデルから半額以下の、189ドルと購入しやすくなりました。
重さは247gと超軽量級。保存可能な本は約3500冊に倍増!1ヶ月継続するバッテリーを搭載しています。
モニターは6インチです。白とダークグレーの2色から選べます。
Kindle DX 9.7インチ
9.7インチの大型ディスプレイを装備。
電子書籍をいつでもどこでもダウンロード可能です。
無料の3G機能を搭載しています。
色はダークグレー1色です。
Kindle Wi-Fi
キンドルシリーズで最も安価なタイプですが、機能的には他と見劣りしません。
Wi-Fiを搭載しており、電子書籍をいつでもどこでもダウンロード可能です。色はダークグレー1色です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。